悪性貧血

葉酸サプリの過剰摂取

葉酸に限らず安易に、サプリメントの箱やケースに記載されている注意点などを読まずに飲まないようにしてください。
量を間違えると体に危険なことがあります。

妊娠中の1日の葉酸の必要量は400μgと言われていて、上限は1000μgです。
それ以上は過剰摂取となるので注意してください。
この事は、産婦人科や厚生労働省でも発表されています。

特に気を付けてもらいたいのが、妊婦さんです。
母体だけでなく、胎児にも影響があるからです。
妊婦さんが飲んだサプリメントの栄養素が血液になり、胎児はへその緒を通して、ごはんをもらいます。
だから妊婦さんが食べたものがすべて胎児に影響するといっても過言ではありません。
妊娠したら自分一人の体ではないことを頭に入れておく必要があります。

食品からとる葉酸はゆっくりと少しずつ体に吸収されます。
尿や便と一緒に排出され、吸収率はだいたい50%以下なのです。
そのため食品をたくさん食べても摂り過ぎになることはありません。
しかし、サプリメントは薬と一緒で、何倍もの葉酸の量をを凝縮していて、一度にたくさん吸収できるように作られています。
そのため、意図せず過剰摂取になることもあるのです。

葉酸の過剰摂取による副作用には、不眠症、食欲不振、吐き気、むくみ、痒みやアレルギー反応があります。
オーストラリアでは、うまれた赤ちゃんが小児ぜんそくになる確率が高まるという話もありました。
でも、妊娠している時に葉酸が足りていなかった場合のリスクを考えると、葉酸が足りないことを心配したほうがよさそうです。

葉酸は基本的に食事から摂取すれば足りますが、妊娠時はサプリメントの過剰摂取に注意です。
用量を守って摂取しないとおなかの赤ちゃんにも悪影響が出ます。